スタッフ紹介

採用情報 > スタッフ紹介 > 西洋部門

西洋部門

西洋部門ジェネラルマネージャー・小屋

このイタリアンレストラン:エルザが出来て60年以上たちました。
変わりゆく新宿の街の中で、歴史を守りながら、柔軟な発想、姿勢で常に新しいものを取り入れている事で、当時から通われるお客様も、周辺の百貨店勤務の方もこの街の胃袋を支え、憩いの場としての役割を果たしています。
ドラマの撮影で使用されたり、芸能人のお客様も多く来店されます。
 
働くスタッフは10年選手を中心に、定着率が異常に高いと自負しています。
仲間同士もお客様にもフレンドリーでスタッフにはパパと呼ばれています。
仲間同士で飲み会もしているようで、年に数回私も付き合っています。
 
スタッフへの指導においては当たり前の接客マナー、例えば1人でワインを開けられたり、食材の知識、調理技術などはもちろんしっかり指導しますがカチッとしたマニュアルはありません。プロの料理長やこの道36年間接客をしてきた私達が大切にしているのは、なによりも信頼関係。
 
例えばランチタイムは常連のお客様がなんと8割。来店された瞬間に表情、空気感でメニューがわかる位です(笑)だからこそ、マニュアルだけというよりはオールランドの接客アプローチが重要でここでの経験はとても強い武器になると思います。なかなか他では味わえないエキサイティングな接客の面白さに出会えると思います。
 
調理の道を進みたい方にも、プロの料理長がしっかりと指導しますので1からチャレンジする環境も整っています。
 
当社の強みとしては、戦略的な展開がどんどん出来る事、老舗企業ではあるが、小回りが利き、驚くべきスピード感がある事。例えばメニュー考案をした際に、1週間に変っていたり。この新宿の街で和洋中のALLジャンルでしっかりと実績、歴史を創っている企業の強みとベンチャーのような柔軟さを持ち合わせた会社であることです。

 

アルバイト6年目・女性/Sさん

高校卒業後、エルザで働き始めてから6年目です。
毎日楽しくお仕事出来ているので、気づいたらアッという間に6年も経っていました。

お仕事を続けてこれた理由は、【パパ】の存在が大きいです。
西洋部門統括の小屋さん=パパには、入社当初からお世話になっています。
私がまだトレンチもしっかり持てなかった時から、見守ってくれたパパ。
私にとっては、本当のお父さんのような存在です(笑)

アルバイトにとって、何よりも常連様中心で働きやすい雰囲気であることがおすすめポイントです。西洋のお料理名が並んだメニューを最初に見た時、「覚えるのが大変そう…。」と不安だったのですが、“あの常連様はこのメニューが好きだとおっしゃっていた!”と、お客様との会話を通して自然と覚えていました。

学生さんにとっては、まかないも嬉しいポイントですね!
私のイチオシは、「生雲丹のカルボナーラ」。美味しいお料理が特別価格100円なんですよ。

常連様の他にも、最近は観光にこられた海外のお客様も多く、インターナショナル感・グローバルな接客が出来るので、英語の勉強をしたいという学生さんにはもってこいです。

エルザは、私が生まれるもっと前。60年以上前に出来たと聞いて、驚きました。
先日は、「20年ぶりに来たのよ。初めてのデートで利用させて頂いたわ。」と、
お客様から、このお店のこと教えて頂くこともあるんです。
歴史あるお店で働けることは、嬉しい。
これからも、大好きなこのお店で楽しく働いていきたいです。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加